川西市緑台にあるマノン動物病院のHPです。

マノン動物病院

TEL

お問い合わせは診療時間内にお願いします。

072-792-0707

24時間受付 いつでもどこでも簡単 ネット予約

マノン動物病院ブログアイコン ブログ blog

  • ツツガムシの被害

    長いことブログを更新していませんでしたが

    完全予約制にして、新型コロナウイルスのこともあるので

    病院としては暇になるかな?と思っていたら

    なぜか逆にすごく診察に忙しくなり

    ブログを書く気力がゼロになっていました。ゴメンナサイ。

     

    久しぶりブログを書こうと思ったのは

    能勢在住の方の犬が庭先でツツガムシに吸着されていたからです。

     

    「ノミ・マダニ用駆虫薬であるネクスガードを内服しているのに

    耳の内側に小さいダニがいっぱいくっついてる」

     

    とのお話で、マダニの中でも効かないタイプもあるのかな?

    と思って、顕微鏡で採取した虫体を調べたら

     

    「あれ?これマダニではなくてツツガムシ・・・?」

     

    ツツガムシ

     

    いるとは思ってましたが、身近にいるんだなぁと実感しました。

    ネクスガードはツツガムシには有効性を確認していないので効かないようです。

     

    予防方法はないのかな?と調べてみました。

    フロントラインスプレーはスプレーが虫体に触れると効果は出るそうですが、

    忌避効果があるわけではない様子です。やらないよりはしたほうがいい。

    または

    ツツガムシが付着したらフロントラインスプレーする(直接ショック死させる)

    他の手として

    犬用サラテクト(主成分DEETは忌避効果が多少ありそう)

     

    で対応するしかなく、

    基本的には草むらに行かない。という対策しかないようです。

     

    このツツガムシがなぜ怖いかというと

    人に対して

     

    「ツツガムシ病」

     

    という病気を媒介する可能性がある寄生虫だからであります。

    この病気、致死率がそこそこある病気のため、

    適切な治療を行わないと、死亡することもある病気です。怖いですね〜

     

    自然が多くなるにつれて、野外でも活動はリスクも伴います。

    マダニが多い当院周辺ですが、能勢方面は特に注意が必要であることを

    覚えておいてください。

     

    徒然なるままに 2021/09/01

ブログ内検索