blog

ブログ内検索

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

SFTSの話題

最近、ニュースでよく見るSFTS。正式名称は

 

重症熱性血小板減少症候群

 

というやつです。猫から人に感染したり、犬から人に感染したりと情報が飛び交っています。

先日、兵庫県獣医師会の講習会でSFTSについてのセミナーがありました。

すこしだけ情報をまとめてみたいと思います。

 

ダニに咬まれると伝染するというのは有名ですが、ダニに咬まれた動物に咬まれても伝染するようです。

このSFTSを発症している動物は、人と同じような症状を呈しており、元気食欲がなくなり

発熱、白血球減少、血小板減少、肝臓酵素の上昇が認められる

というのが、基本的なパターンのようです。

 

それでも、犬が発症して弱っていれば、まだ注意することができますが、

本当に危険なのは、知らない間に犬がマダニを家の中に運んできて、人に感染させてしまうというリスクです。

マダニ感染の可能性がある地域では、マダニ予防をしていないと

草むらからマダニを犬が運んでくる可能性があるということを飼い主は認識する必要があります。

犬の表面を這い回っている幼ダニは、物理的に払ったり、洗浄しないと落ちません。

一般的な予防薬は、吸血が開始されると効果を発現するので、

散歩から帰ったら犬の体を払った方がいいのかもしれません。草むらに近づいた場合は注意が必要です。

 

だからといって、マダニ駆除薬が使えないのかというと、そうではないだろうと思います。

マウスへダニを付着させた実験結果では、

 

数日咬ませた時だけウイルスが陽性になったようです。

 

このことを考えると、長時間吸血しないとマダニから動物への感染は成立しない可能性が高そうです。

(咬まれた場合は接種されたようのものなので、ダメなのかもしれませんが・・・)

一般的な動物用のダニ駆除薬は生きたダニを減少させ、リスクの抑制に効果があるのではないかと思われます。

 

このSFTSウイルス自体は、基本的には消毒などで失活する弱いウイルスですが、

SFTSを発症している動物は全身にウイルスを保持した状態になっているので、

咬む、もしくは濃厚な接触をする(糞便などの管理も)場合に感染する危険性が高くなるようです。

糞便の管理は、かなり気をつける必要がありそうです。

 

ウイルスの広がりも、マダニが野生動物に吸血をすることでウイルスを拡散しているようです。

シカ、イノシシ、アライグマなどを介して少しずつ西から東へと感染域を拡大しているデータがでています。

 

詳しくは厚生労働省のQ&Aを一度みておくといいと思います。ちょっと怖い病気なので要注意です!!

https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/3143-sfts.html

まとめるのに疲れたので、この程度で終わりにします。。。。

≪ 赤芽球ろうの2例  |  門脈シャント ≫

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください