blog

ブログ内検索

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

肥満細胞腫

皮膚表面によく発生する腫瘍に「肥満細胞腫」というものがあります。

多くは単発性ですが、6%は多発性に発生するといわれています。

 

先日、「頭の上にできものができた」とのことで、検査をしてみたところ

 

「肥満細胞腫」

 

と診断した犬がいました。場所が耳に近い部分だったので、

 

(うーん、攻める治療で大きく切除をするべきか?抗がん剤等で小さくするべきか?)

 

と、こちらの方が悩みまして、腫瘍の専門医とも相談しました。

結論としては、可能な限り、手術すべき!!外科的切除がとっても大事!!

とのコメントだったので、当院で手術しました。

IMG_2571.JPG

手術前 頭の上の少し赤いところが腫瘍

 

IMG_2575.JPG

手術後 痛々しいので、写真は小さめにしてます。耳からおでこにかけて大きく腫瘍切除

 

IMG_2710.JPG

術後 抜糸して2ヶ月ほどで綺麗に毛も生えて、あまり目立たなくなりました!

 

皮膚腫瘍のなかでも、切除しにくい部分にできる肥満細胞腫は対応が難しい場合があります。

切除だけでなく、化学療法が必要となる場合もあるので、注意深く様子を見ていってあげる必要があります。

体表の小さいできものでも、悪性腫瘍のこともあるので注意しましょうね!!

腫瘍の病気 2018/03/01
≪ 誤食と催吐処置  | 

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください