blog

ブログ内検索

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

足先の腫瘍切除

先生〜、足先のできものが大きくなりすぎて、手術どうしよう??

 

IMG_3559.JPG

との相談から、はじまったこの手術。

この「できもの」は、初めは、ほんの小さなしこりだったのです。

ゆっくりと、確実に大きくなってきてしまい、

 

「心臓も悪いし、あんまり不要な麻酔はしたくないよね」

 

と様子をみてたら、もう無視できないレベルまで大きくなってしまいました。

 

うーん、切るのはできるけど、傷が縫合できないだろうな・・・。

 

と予想できる手術になりそうだったので、

家族とは入念な説明を行い、

 

皮膚は絶対に縫合できないから、自然治癒待ちになるよ。

たぶん1−2ヶ月くらいで治るけど、手術後のチェックはマメに通院が必要だよ。

 

と説明して、同意を得た上での手術開始となりました。

 

半導体レーザーを当てると、傷の痛みが減り、かつ治りがよくなった!!

というデータがあったので、最近導入した半導体レーザー積極的にを当てるようにして、改善をねらいました。

 

1〜2日おきに、傷のチェックとレーザー治療で通院してもらったので、大変だったかもしれませんが。。。

でも、その甲斐があってか、少しずつ確実に改善していき(下の写真)

IMG_3560.JPGIMG_3581.JPGIMG_3582.JPGIMG_3603.JPG

予想よりずっと早く、3週間で無事に完治!!

 

となり、みんなで大喜びでした。早く治るのは、いつだって気持ちいいですね!!

 

半導体レーザーは意外と効果的!!

 

という感想ですが、こまめに照射しないといけないようなので、

がんばって通院に来てくれた家族の愛情と、細かいケアが一番大事だったんだろうな。と思ってます。

 

今回の教訓

足先の腫瘍は、早めに切除が正解です。様子みすぎないように。。。(ちなみに悪性腫瘍でした)

 

ではまた〜

腫瘍の病気 2019/03/30
≪ 再発性膿皮症の治療  |  混雑でご迷惑をおかけしました ≫