blog

ブログ内検索

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

赤芽球ろうの2例

赤芽球ろうっていう病気があります。 あんまり出会うことがない病気なんですが、開院して4年で2例目に会いました。   赤芽球ろうという病気は、骨髄の中の造血細胞である赤芽球という細胞が破壊される病気です。 似たような病気に「免疫介在性溶血性貧血」というものがありますが、 またちょっと似て非なるところがあって、病気の挙動も違うように感じます。

≫ 続きを読む

蜂に刺された!

先日、蜂に刺された!!という犬を診察しました。   蜂に刺されることは、それほど珍しいわけでもなく、 猫が蜂に猫パンチをして、カウンターで刺されしまい、ものすごい腫れる・・・。 というパターンが多いように思います。   ちなみに蜂の毒で死亡するといことは非常に少なく、 人と同様に、アレルギー反応のアナフィラキシーショ

≫ 続きを読む

皮膚の病気 2017/10/01

目のマイボーム腺腫

目のまぶた(眼瞼)にできる腫瘍は色々ありますが、一番多いのは   マイボーム腺腫   です。 マイボーム腺とは、目に分泌される脂腺の一つであり、眼瞼の縁に沿ってたくさん開口しています。 ほとんどの場合、高齢の犬が「目にできものがある」という主訴で来院します。   はじめは1mm程度の小さなできもので

≫ 続きを読む

腫瘍の病気 2017/08/25

アトピーと痒み

夏になったからか、皮膚病の治療をすることが多くなりました。 かゆみを伴う病気が一番多いですが、やはりアトピー性皮膚炎を伴う犬が多いのが実情です。   そもそもに、アトピー性皮膚炎とはなんなんでしょうか? 過敏症体質(本来、反応するべきではない弱い刺激に過剰に反応する体質)と、説明することが多いですが、 多くの因子が複合的に関連する病態が存在し

≫ 続きを読む

皮膚の病気 2017/08/06

暑くなってきました

だんだん暑くなってきました。 これから湿度も上がり、熱中症の危険が増す季節です。   ワンちゃんは寒さより暑さの方が苦手です。 人間が、これくらいの暑さで!?と驚いてしまうような状況でも熱中症になりえます。 エアコンを切った車に、ワンちゃんだけを乗せて、すぐだからと思って待たせておくと その間、ずっとワンワン吠え続けていたワンちゃんの

≫ 続きを読む

2017/05/22