blog

ブログ内検索

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

病気いろいろ

2-3月にかけて、コロナウイルス問題がありました。 コロナウイルスがでたからと言って、当院はペットホテルもなければトリミングもしていないので 患者はたくさんいて、病気の子をあれやこれやと診察してました。   猫の全抜歯(口内炎が若いのに続いている) 猫の耳介扁平上皮癌による耳介切除(耳の皮膚炎が治らない) 犬の下顎大量出血のための抜歯

≫ 続きを読む

環軸不安定症の症例

小型犬が発症しやすい病気の一つに、 「環軸亜不安定症(環軸亜脱臼)」 という病気があります。   チワワ、ポメラニアン、ヨーキー、トイプードルなどでよく発生するイメージです。 6ヶ月〜2歳ぐらいで発症することが多く、 頚椎の損傷は痛みによるQOLの低下はもちろんのこと、 呼吸筋の麻痺から死亡することもある、危険な病気です。

≫ 続きを読む

神経系の病気 2020/01/29

大変だった子宮蓄膿症

先日、2頭の子宮蓄膿症を手術しました。大変でしたが、完治できました!!よかった!!   1頭は子宮蓄膿症だけではなく 細菌性腹膜炎、腎不全も発症!!(非常にヤバイ!!!) となっており、緊急手術に。   子宮と卵巣を摘出する出術だけではなく、腹腔内にドレーン(廃液を促す管と腹膜透析を行う)を入れて しばらく入院しても

≫ 続きを読む

腎臓・泌尿器 2019/12/12

診断が難しい病気

なかなか更新できていませんが、毎日治療しています。 8月、9月、10月と手術や診察が多く、混雑しておりました。お待たせしたみなさま、申し訳ありませんでした。 すこし朝晩は寒くなってきたので、動物たちが風邪をひかないよう過ごしてくれればと思います。   最近はなんとなーく免疫介在性疾患がマノン動物病院では多くなっています。 はっきりと数値に出て

≫ 続きを読む

一番いい癌の治療法とは何なんだろう?

本日腫瘍のセミナーに参加してきました。 普通の考え方とは違うセミナーで勉強になりました。 ちょっとだけ紹介します。   今まで、獣医になってから、たくさんの腫瘍を治療してきました。 腫瘍認定医の先生も近くにいてくれたので、いっぱい勉強もさせてもらいました。 現在の腫瘍学の基本はEBM(Evidence Based Medicine)で

≫ 続きを読む

腫瘍の病気 2019/07/28