blog

ブログ内検索

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

食物アレルギーの犬

今回は、ドッグフードで改善した例を紹介します。   症例は、チワワさん。体がベタベタして、痒みが止まらなくなり脱毛してきたとのこと。   何が原因かわからないし、はっきりしたタイミングは不明。精神的要因なのかも?とのことだが、まずは基礎検査で寄生虫はいない様子なので、かゆみ止め等を使用してみたが、背側の皮膚炎が主体の場合は、食事性アレルギー

≫ 続きを読む

皮膚の病気 2018/09/27

くしゃみと歯周病

先日、くしゃみと鼻水がひどいとの主訴で診察させてもらい   歯周病からの口鼻瘻   と診断させてもらった犬がいまして治療しました。 この病気は、歯周病が悪化してしまい、上顎の骨が溶解して鼻に貫通してしまったという状態です。   治療法は単純で、汚れた歯を抜歯して、口腔粘膜から有茎弁を作り、縫う。という術式な

≫ 続きを読む

歯・口腔疾患 2018/08/13

難しい皮膚病

最近は、難しい難治性アレルギー性疾患と戦うことが多くなりました。 もともと自分がアレルギー性皮膚炎なので、皮膚に興味はあったのですが、 開業してから皮膚病が多いことに気がつき、最近は獣医皮膚学会に参加して勉強をしております。   かといって、勉強する前からやっていることなんて変化はなく単純明快で、    

≫ 続きを読む

皮膚の病気 2018/07/16

肥満細胞腫

皮膚表面によく発生する腫瘍に「肥満細胞腫」というものがあります。 多くは単発性ですが、6%は多発性に発生するといわれています。   先日、「頭の上にできものができた」とのことで、検査をしてみたところ   「肥満細胞腫」   と診断した犬がいました。場所が耳に近い部分だったので、  

≫ 続きを読む

腫瘍の病気 2018/03/01

誤食と催吐処置

診察していると、誤食した!!という主訴がよくあります。   先日も、チョコレートを食べたという電話がありました。 通常は、カカオ濃度が濃くないタイプなら、中毒量に到達するは少ないのですが、 たまたま、カカオ70%のチョコレートを小型犬が誤食してしまっていたので、 催吐処置を実施しました。   うまいこと嘔吐してくれま

≫ 続きを読む